花粉症対策などは病院で【ホスピタリティ溢れるホスピタルで】

医者

重度化するとうつ病

自律神経失調症の身体症状

先生

自律神経失調症は身体がだるい、冷や汗が出る、立ちくらみなどの身体症状や人間不信、不安感などの精神症状が現れる病気です。原因として関連性が深いものはストレスやパーキンソン病などがあり、女性の場合にはホルモンバランスの乱れも関係があります。決して安易に扱う事は出来ない病気なのです。 また、自律神経失調症の身体症状の中には失神など日常生活に多大な影響を与える症状も見られるため、場合によっては車の運転や家事、仕事などにも悪影響が及びます。自律神経失調症は他の病気に比べ「気持ちの問題」と片づけられるケースもありますが、重度化するとうつ病などにつながる恐れもあります。自律神経失調症と診断されたら日常生活を見直し、抗不安薬等を活用しながらストレス解消に努める事が大切になります。

治療方法はどのようなものか

治療はパーキンソン病という病気が原因でなければ、基本的に心療内科などで抗不安薬、ホルモン剤といった薬物療法が行われます。他にも漢方薬、マッサージなど個々の状態に最も最適な方法が治療法として活用されています。基本的にストレスや夜更かしなどの生活習慣の乱れなど、生活と関連性が深い病気ですので治療と並行して生活習慣を見直す必要が患者には求められます。 例えばカウンセリング等を受けて物事の捉え方を変えていく、勤務時間の調整、規則正しい食生活といった普段ストレスを感じる原因となる事や不規則で乱れがちになっている部分の改善が必要になってくるのです。自律神経失調症は病気であるという自覚を持って医師等の指導を受けながら確実に状態の改善につなげることが大切です。