花粉症対策などは病院で【ホスピタリティ溢れるホスピタルで】

医者

高齢者の健康を守れ

骨粗鬆症対策が広く行なわれています

先生

現在では、高齢者の骨折が増加傾向にあります。転倒やつまづきへの反応が遅れがちな高齢者の場合には、特に骨折のリスクが高くなるのです。特に女性は、閉経後女性ホルモンが減少することによって骨粗鬆症が起こりやすくなります。そのため、転倒した場合にも骨折という結果になることが増えてしまうでしょう。現在では、こういった高齢者の骨粗鬆症を改善するための取り組みが様々な所で始まっています。骨粗鬆症は自覚症状がないため、気が付いた時にはかなり状態が深刻化していることもあります。現在では、健康診断に骨粗鬆症の検査が組み込まれるようになり、早い段階で骨粗鬆症を発見することが可能になりました。様々な治療薬が使用されるようになり、積極的な治療が開始されています。

丈夫な骨作りがテーマとなるでしょう

骨粗鬆症は、一度なってしまうと短期間での改善は難しくなります。治療薬の中には副作用が大きいものもあるため、時に途中で治療を断念せざるを得なくなる場合もあるのです。使用する薬の種類によっては治療費用が高額になることも骨粗鬆症治療の大きな問題点となっています。このようなことから、最近ではより若い世代から骨粗鬆症を予防する取り組みが始まっています。丈夫な骨を作るのに欠かせないカルシウムやビタミンDを積極的に摂取することや、適度な日光に当たることなどが昨今は推奨されているようです。今後は、日常生活の中で骨を丈夫にすることが、健康対策の一つのテーマとなっていくでしょう。骨粗鬆症のリスクを下げることが目標とされていくと予想されます。